読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Piano cafe "Scherzando"     ピアノカフェ・スケルツァンド

ピアノ調律スケルツォの喫茶店。 お茶しながら ピアノと音楽の会話でくつろぎませんか。

工具がこわれたら

アクションの整備がひとしきり終わり、ハンマーを取り付けいていたときのこと。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150617230131j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20150617230229j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バットプレートという箇所にあるマイナスの小さいネジをしめていたら、めきゃっと嫌な感触がありました。 なめしたか…それともバカネジにしてしまったか…

 

でもちゃんと固定されてるので、ためしに次のネジをしめてみるとなんかヘン。

よく見ると…ドライバーの先端が欠けていました。

 

まいったなぁ、 といっても、不測の事態に備えすべての工具は二つ以上もっているので作業には差支えありませんが、なんかすぐ直したくなりました。

久々にグラインダーを引っ張り出し、

f:id:scherzo_piano_tuning:20150617230523j:plain

 

コイツで先端を削ります。

グラインダーで,、かたちを整えるには、細かく何度も修正するのはぜったいダメ。

角度を決め、固定したら一発で削り上げるのです。

 そうしないと、いつまでたっても出来上がりません。

 

 

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150617231523j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20150617230826j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに ↑ 写真㊧は、昔から使ってた研石。 使いこんだ左の研石、刃物を研ぐにはもう使えないけど、細かいものを削るときには重宝です。

 

 だいたい15分くらいで、すべて終了。

マイナスドライバーは、厚みの調整が重要なポイント。

最初は苦労しましたが、慣れると新品同様に直せます。 写真㊧、 2本のうち下が直したドライバーです。

f:id:scherzo_piano_tuning:20150617231843j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20150623065857j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試してみたら、これがバッチリ!

どやさっ!

たかだか安いドライバー一本ですが、これでまた愛着をもって使えます。

 

 

広告を非表示にする