読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Piano cafe "Scherzando"     ピアノカフェ・スケルツァンド

ピアノ調律スケルツォの喫茶店。 お茶しながら ピアノと音楽の会話でくつろぎませんか。

ゴスペル・ピアノにあこがれて

最近、ゴスペルピアノのワークショップというのに通っています。

月二回、計六回の、ちょとしたピアノ・セミナーといったところでしょうか。

これがとにかく楽しいです。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150713225636j:plain

ピアノという単体楽器。

 

一般的にはクラシック中心で、独奏の曲を学びます。
完成された曲を、譜面どおりに弾くことが目的というのなら、

 ジャズ、ブルース、ゴズペルなどのブラックミュージックの場合、間逆といえるほどのスキルが要求されます。

 


例えば、バンドの一つのパートとして、

また、クワイヤー(合唱団)の伴奏であったり、
むしろ独奏のほうが少ないということ。

その演奏形態によって、あつかう鍵盤の領域がかわります。

 

次にコード理論。

譜面など基本的にないのです。

あるのはその曲のコード進行のみ。
この唯一の制約の中で、いかにコードを駆使して弾くか、というトレーニング。
否が応でも自分の言葉で語らざるを得ない、といったところでしょうか。

 

そして私たち日本人が一番苦手とするリズム。

 

いくら知識があっても弾けなければ意味がないわけでして、とにかく弾きこむことでその感覚を掴むしかありません。


縦横無尽に鍵盤を操るジャズピアノには憧れますが、道のりは遠い、遠過ぎます。
でも休日のひととき、楽しく通っております。