読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Piano cafe "Scherzando"     ピアノカフェ・スケルツァンド

ピアノ調律スケルツォの喫茶店。 お茶しながら ピアノと音楽の会話でくつろぎませんか。

セミ・オーバーホール  ヤマハ・UX1 ②  流山市I様

前回からの続きです。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028202900j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028202928j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028202954j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028203156j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピアノを倒しての作業。

やはり角度を変えてみると、きれいにしたつもりでも磨き残しがよくわかります。

 

横にしたところで塗装面を再度みがきます。

 

↓  チューニングピン。 本来はきれいな鍍金ピン。

このチューニングピンどうしで叩くときれいな鈴の音のように響きます。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028203047j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028203108j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいに磨きあがりました!

でも写真写りがよくない…( ノД`)…

 

まあ、そんなことはさておき、マフラーフェルトや鍵盤押さえのフェルト張替えです。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028203232j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028203255j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ひととおり磨き修理を終えて、

ここからが調律師としての真骨頂!

整調と調律でございます。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028203336j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028203402j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028203429j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20151028203457j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、お預かりして作業を終えたピアノ、

これがどういうわけか出て行かず溜まってしまいました。

作業スペースが狭まっている! …Σ(゚д゚;)  !? 

 

 

とまぁうれしい悲鳴でもありますが、

出荷まえの再確認が気になって気になってしかたありません。

再度チェックをすると、必ず調整した箇所の狂いが気になり始め、気付けば調律しなおしたりしております。

 

そんなピアノに囲まれて深夜。

弾き比べをさせていただきました。

 

同じように仕上げたつもりでも、静まり返った真夜中に弾き比べてみると、やはり一台一台の違いがよーくわかります。

 

お客様のピアノを勝手に弾いて…

というか、弾き成らすことも大事な作業で…

 

なにを書いているのかよくわからなくなっちゃいましたが、

とにかく私にとって珠玉の時間です。