読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Piano cafe "Scherzando"     ピアノカフェ・スケルツァンド

ピアノ調律スケルツォの喫茶店。 お茶しながら ピアノと音楽の会話でくつろぎませんか。

セミ・オーバーホール  ディアパソン・210E ①  我孫子市N様

今回はディアパソンのグランドピアノです。

 

ピアノメーカー・「ディアパソン」

 

名工・大橋幡岩氏の設計のもと、その第一作がディアパソンというピアノです。
大橋幡岩氏はそれ以前にもホルーゲルというピアノや、

後にはオオハシモデルの製作など、常に高い理念・思想のもと、ピアノ製作に携わっていました。

 

その思想と技術を受け継いだメーカー、「ディアパソン」。

”210-E”という名のとおり、サイズが210センチという、グランドピアノにしても大柄です。

 

ちなみによく見かけるグランドピアノは、たいてい180センチ。

それより30センチというと

 

GPでも大柄で、しかも象牙鍵盤のピアノを作業させていただきます。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20151106091210j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20151106091237j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20151106091352j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20151106091422j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稀にあることなんですが、

ピアノを購入した数十年前は空き地だったお隣に住宅が建ったり、

道が狭くなって運送用のトラックが入らなくなったり、

ご自宅の一部を改築があったりなど、環境が変わったためにピアノを家からだすことが不可能になっている…ということがあります。

 

同様に、お届け先のお家にもすんなり入るかという問題。

 

グランドピアノは恐らく家財道具でも一番大きなものでしょうから、移動は大変です。

 なので、ピアノ運送の社長と搬出・搬入ができるか下見にお伺いしました。

多少難航しそうですが、さすがはピアノ運送一筋の社長!
搬出・搬入を請け負ってくれまして、見事に工房まで運びいれてくれました!

 

さてさて、続きは次回へ!