Piano cafe "Scherzando"     ピアノカフェ・スケルツァンド

ピアノ調律スケルツォの喫茶店。 お茶しながら ピアノと音楽の会話でくつろぎませんか。

The Entertainer

帰ってきて、

ポストの郵便物をみると、先日お伺いしたお客様より大きな封筒が。

 おぉ、きっとあれだ!


…調律を終えたあと、
お客さまとお話していたら、
「わたし、この曲弾けるようになりたいんですよね、」
とひっぱりだしてきたのが、
スコット・ジョプリンの楽譜で、
曲は 「The Entertainer 」。

 

なんの偶然か、

先日、ツタヤで借りて観た「The Sting」。

映画好きを自称するくせ、往年の名画ってやつをあんまり観てないよな、

なんて気まぐれに借りただけなのですが、

なんとまぁかっこいい映画かと、立て続けに3回観続けてしまいました。
そのテーマ曲が、この「The Entertainer」。

 

この曲を知らない人はいないのでは? とおもうくらい有名な曲。

映画を観た後でこの曲の印象がガラリとかわってしまったのです。

 

なんというか、自分の価値観をひっくり返されるというのも、これまた感動というものであって、ついついお客さま相手にそんなことを熱く語ってしまいました。

 

調律業の役得というものでしょうか。

これぞ楽しい仕事のひとときでした。

 

お客さま、

楽譜を送ってくださったのです。


久しぶりに練習してみたい曲に出会えました。

 

柏市K様。

ありがとうございました。

広告を非表示にする