読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Piano cafe "Scherzando"     ピアノカフェ・スケルツァンド

ピアノ調律スケルツォの喫茶店。 お茶しながら ピアノと音楽の会話でくつろぎませんか。

鍵盤(白鍵)の張り替え_①

御依頼をいただき、都内某幼稚園にて割れている白鍵の張替の作業にお伺いしました。

 出張でこういう作業をさせていただくというのは、ほんとに腕が鳴ります。

  写真をクリックして大きい画像でごらんくださいませ。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20170330195411j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170330195510j:plain

 

 

 

 

 

 

 

実際にお伺いして見ると、ヒビではなく完全に割れています。

この白鍵を爪でなぞると、あきらかに歪な割れを感じます。

 これじゃぁ弾く保育士の先生方が気の毒です。

 

貼り付けた白鍵アクリペットが、木材の膨張による伸縮に追いつかず割れてしまったのでしょうか。

割れているのは、   ド、  ミ、  ファ、 シ  
と、L型の白鍵が多かったです。
きまって直角部分から亀裂がはいってました。

 

ちなみにピアノの鍵盤は88鍵。   ( 白鍵・52鍵  + 黒鍵・36鍵 )

 

その52の白鍵のうち、当初は28鍵ほど… ときいてましたが
よくみれば32鍵は割れてました。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20170330195816j:plain

水で絞った布巾をあて、アイロンで蒸してはがしていきます。

写真は熱でふやけた白鍵です。

 

はがすのはけっこう楽しい作業です。

こっやって一枚ではがせたらラッキー。

丁寧に木材を痛めないよう注意して、

また、はがすときに使う薄刃で木材をささくれだてぬよう気を使って作業します。

 

そしてここからが本領発揮なのです。

 

次回に続く