Piano cafe "Scherzando"     ピアノカフェ・スケルツァンド

ピアノ調律スケルツォの喫茶店。 お茶しながら ピアノと音楽の会話でくつろぎませんか。

セミ・オーバーホール KAWAI US60  ③  柏市M様 完成!

柏市 M様。

 

もうお届けが終了したというのに、ブログが遅くなりまして申し訳ございません。

(;´д`)トホホ

 

お届け前に作業したことを事後報告になりますがアップさせていただきますね。

前回からの続きです。

piano-tuning-scherzo.hatenablog.com

 

保管時に整備ということでちょこちょこ作業をさせていただいておりましたが…

なんと4月からの続きです。

白鍵の上面ばかりでなく、側面の木部をかるくペーパー掛けします。

右の写真、上の鍵盤が作業後、 下が作業前になります。

(もちろん黒鍵も磨いております!)

 

鍵盤の側面ってけっこう大事なんですね。

弾き込んでるピアノの鍵盤側面なんてほんと黒ずんでいますし、黒鍵なんかカビが生えてるようなものすら多く見受けられます。

ここをきれいにしてあげると触れ心地もよくなり、良い演奏につながるのです。

 

あとはフェルト類の張替え。

マフラーフェルト(左)は過去何回張替えしたことでしょう。

100、200台どころではないはず。

地味ながら得意で、お客様宅でもパッと張替えてまーす!

 

右は鍵盤蓋兼鍵盤押えのフェルト。

ここが綺麗だといいですね。

 

さてさて、整備をしっかり終えて、

整調(タッチ調整)、調律(音律)、整音(音色)

これを一日かけて作業いたしました。

 

 

御新居の完成に合わせてのピアノの搬入。

無事に終わってめでたしめでたし。

 

M様、おめでとうございます。

お嬢さん、ピアノを楽しく弾いてくれてますでしょうか?

また来年、調律の時期にお知らせしますね。

 

どうぞよろしくお願いいたします。