Piano cafe "Scherzando"     ピアノカフェ・スケルツァンド

ピアノ調律スケルツォの喫茶店。 お茶しながら ピアノと音楽の会話でくつろぎませんか。

販売用ピアノ  ヤマハ U3M

ピアノ調律スケルツォではリニューアルしたピアノも販売しております。

 

この度ご紹介するのがヤマハ・U3M。

もともと外装がすごくきれいでほとんど傷がありません。

ですが、商品化ということで一から外装の磨き直しからはじめております。

 

完成するまでの写真を順次アップしていきます。

ご興味あるお客様、いらっしゃいましたらご一報くださいませ。

 








セミ・オーバーホール YAMAHA U3H  ④  柏市S様 御納品!  (千葉県印旛郡栄町の御実家より引き取ってピアノの整備)

ピアノクリーニング。

いつもは作業完了時点でブログは終了するのですが、今回(本日夕方納品)の際、ちょうど学校から帰ってきたお子様方もいて、喜んでくれる姿を目の当たりにしました。

 

「ピアノも綺麗になったし、おじいちゃん・おばあちゃんも喜んでくれるね。」と仰ってましたので、この度は納品後の御宅でのことをブログにしました!

 

 

お姉ちゃんと一緒に二人で早速演奏!

嬉しそうに

楽しそうに

ピアノを弾いてくれましたー。

 

 

 

 

お姉ちゃんはママに「早くピアノ教えて!」とせがんでいていましたね。

 

 

 

 

 

というわけで無事に納品が終わりました!

ピアノの練習、がんばってね!

 

S様 この度は誠にありがとうございました。

 

 

 

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

 

      ピアノ調律スケルツォ ♪♪♪ 

         ホームページ   http://www.scherzo12.com/ 

  

          Add         〒277-0942 千葉県柏市高南台3-8 

          Tel          04-7157-4781

          Mail          mail@scherzo12.com

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミ・オーバーホール YAMAHA G3E-127万台 ②  山武郡H様 (御自宅のお建て替えの間にピアノのクリーニング)

さてさて、前回からの続きです。

 

譜面台の写真ばかりですが、

そうそう、これ、ネジが固着して外すのに苦労したことを思い出しました。

 

ピアノの大屋根のまくりや、譜面台などの蝶番は木目の年輪方向に木ネジで締める必要があるため、小さい5㎜くらいのネジを多く使って固定しています。

この小さい真鍮ネジがうかつに回すと折れてしまい、これが厄介なことにつながります。 なので、錆などで固着したネジははんだごてで温め、ドライバーを介して小さい金づちでトントン叩いてから慎重に外していきます。

 

はぁ~、無事にすべて外せた!

 


弦やピンの磨き入れ。

鉄粉の飛び散る作業です。

 

ボディ外装、内部の清掃および金属パーツの研磨が終わると今度はアクションの整備に入ります。

 

 

 

弦溝も深くしっかりファイリング。

黒鍵、色の剥がれが気になりましたので黒塗料で塗っておきます!

 

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

 

      ピアノ調律スケルツォ ♪♪♪ 

         ホームページ   http://www.scherzo12.com/ 

  

          Add         〒277-0942 千葉県柏市高南台3-8 

          Tel          04-7157-4781

          Mail          mail@scherzo12.com

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

             

 

セミ・オーバーホール YAMAHA G3E-127万台 ①  山武郡H様 (御自宅のお建て替えの間にピアノのクリーニング)

H様。

2台目の作業もつつがなく終了いたしました。

このブログでの報告がすっかり遅くなってしまいもうしわけございません。

 

お預かりしましたヤマハ・G3の2台目の作業につきましてご報告申し上げます。

前回は製造番号が276万台(1979年製)でしたが、こちらは127万台(1971年製)のピアノ。

 

前回のG3・276万台と同様、しっかり磨き上げました!

外装磨きはこちらのほうがわずかに傷も少なく磨きやすかったです。

 

 

 

 

グランドピアノの磨き入れというのはとにかくこの譜面台の磨きが大変です。

譜面置きのフェルトや蝶番は全部交換です。

 

 

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

 

      ピアノ調律スケルツォ ♪♪♪ 

         ホームページ   http://www.scherzo12.com/ 

  

          Add         〒277-0942 千葉県柏市高南台3-8 

          Tel          04-7157-4781

          Mail          mail@scherzo12.com

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

             

 

 

 

セミ・オーバーホール YAMAHA U3H  ③  柏市S様 完成!  (千葉県印旛郡栄町の御実家より引き取ってピアノの整備)

このブログをつけている6月28日の時点ではすっかり梅雨が明け、猛暑日となっております。

 

もうなってこった! と言いたくなるほどの暑さですがスケルツォはめげずに頑張っております。

 

昨日調律で訪れた筑波~牛久。

帰りに寄り道した牛久沼での写真です。

鳥たちがのんきに水浴び。

かわいいもんですなぁ。

文鳥を飼い始めてから鳥を見ると見過ごせなくなってしまいました。

 

そういえば、うちの近所でも、また訪れた先のつくばでも鶯の鳴き声が。

私だけかな、今夏はやたら鶯の鳴き声をよく聞きます。

 

と、さてさて。 

S様のピアノの仕上げになります!

概ね磨きやアクション、鍵盤の修理を終え、組み上げていくところです。

 

 

鍵盤押えのフェルト、もともとは深緑色のフェルトでしたがちょっと虫食いがあったため、今度は赤のフェルトに張替えさせていただきました。

かっこよくなりますよー。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

そして最終調整の整調、調律、整音の作業となりまーす!

バランスパンチングの虫食いもあったことでそちらも全交換。

鍵盤の間隔や傾きの調整、鍵盤の高さをそろえる(ならし)と鍵盤の深さ調整(アガキ)と鍵盤の調整からはじまり、打弦を担うフェルトハンマーの動きを調整する工程は楽に20を超えます。

 

 

 


そういえば、このU3Hですが、小口が黄ばんでいたため交換しようと小口剥がしを試みるや、剥がれない…  

まさか、と思いきや 300万台以降のU3Hは小口の圧着が非常に強く容易には剥がせないことを作業を始めてから思いだしました。 

これはホントにトホホなことでございます。

 

ということで、お世話になっている水戸ピアノさん工房へお邪魔し、特殊作業工具をお借りして無事交換をいたしました。

 

水戸ピアノ様、いつも本当にありがとうございます。

ピアノ談義も楽しく、ついつい話し込んでしまうのが常ですね。

 

 

しっかり完成!

外装も内部もそして「音」もしっかり磨き上げました。

埃が付かないよう業務用ラップを巻いて御納品に備えております。

 

 

S様、この度はありがとうございました。

お届けをどうぞ楽しみにお待ちくださいませ。

 

 

 

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

 

      ピアノ調律スケルツォ ♪♪♪ 

         ホームページ   http://www.scherzo12.com/ 

  

          Add         〒277-0942 千葉県柏市高南台3-8 

          Tel          04-7157-4781

          Mail          mail@scherzo12.com

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

             

 

セミ・オーバーホール YAMAHA U3H ②  柏市S様   (千葉県印旛郡栄町の御実家より引き取ってピアノの整備)

さて、前回からの続き。

柏市S様よりお預かりしました ヤマハ U3H のセミ・オーバーホールの作業です。

 

 

周りがピアノに囲まれて、しかも全部背面の音響板だものだから、写真に撮ったらちょっと綺麗だとおもいました。

 

しかし、よくみると音響板やそれを支える支柱などピアノによってさまざまだなぁ、とあらためて感じ入った次第です。

 

なんてうちにボディの内外装のクリーニングを仕上げました。

といってもそれだけで丸一日経過。

この作業は粉塵が飛び散るため、作業風景の写真が撮れずごめんなさい。

どんなかんじかというと、

まずは外装の雑巾がけ。これをしっかりやらないとポリッシャー掛けをするときにおもわぬ磨きキズをつけてしまいます。

次いで内部の弦やピン、真鍮パーツの研磨。

見えるところだと鍵盤蓋の「YAMAHA」のロゴやペダル、長蝶番など。

内部はチューニングピンや弦、その他もろもろになります。

あと、肝心なのが清掃後にピアノを表にだしてエアガンで埃を一気に吹き飛ばします。

こえをやると、たまに製造時にでたおがくずもたまに出てきます。

そしてようやく外装のポリッシャーがけ、という流れになります。

 

 

毎度のことながら作業に熱中すると写真を撮り忘れてしまいます。

時計を見たら夜8時過ぎでした。

 

さて、続きは明日にするかー、ということで次回へ続きます。

 

 

 

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

 

      ピアノ調律スケルツォ ♪♪♪ 

         ホームページ   http://www.scherzo12.com/ 

  

          Add         〒277-0942 千葉県柏市高南台3-8 

          Tel          04-7157-4781

          Mail          mail@scherzo12.com

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

             

 

 

 

セミ・オーバーホール YAMAHA U3H ①  柏市S様   (千葉県印旛郡栄町の御実家より引き取ってピアノの整備)

柏市 S様

 

お待たせしました!

お預かりしましたピアノの整備、ようやく作業開始です!

 

前月(5月)に問う調律事務所へ、御実家のピアノを運ぶ途中でクリーニングをしてほしい、とご依頼をいただいたのですが、当方、ただただ忙殺されてS様へはご挨拶もままならず、お電話するたび 「大丈夫です。楽しみにしているのでお願いしまーす!」と明るく仰ってくださいました。

 

このブログだけ見てこれだけご信頼くださるとは、ほんとにほんとにありがたい話です。

その御心にしっかり応えます。

どうぞ楽しみにお待ちくださいませ!

 

ピアノが溜まって作業場所の確保もままならず、ようやく全体写真が撮れた、という按配です。

 

ヤマハ・U3H。

U1Hと同じく1972~1980年と、製造期間が非常に長くて、多くの方々に愛されたモデルです。

 

ヤマハのピアノはよく ”1型” ”3型” という言い方をしますが、

高さが少し小ぶりな121㎝サイズなら ”1型” 、131㎝サイズなら ”3型” などと呼んで区別しております。

 

単純に大きいピアノというのは、それだけ低音弦を長くできるわけで、音色や響きが豊になり、またアクションもゆとりをもっているのでなめらかなタッチで演奏ができます。

 

 

このポピュラーなU3H、わたしも数えきれないほど調律したりクリーニングしたりしてきましたが、これはなかなか良好な状態ですね。

ちょっと天屋根の蝶番のあたり木目が出ちゃっておりますが、ここは補修しておきます。

 

ただ、このあたりの年代のピアノはアクションのフレンジコードの劣化による不具合と鍵盤の小口の変形・変色が必ずといっていいほど起こります。

 

アクション・フレンジコードの劣化による断線。

打鍵後にフェルトハンマーを定位置に戻すための機構を担う箇所ですが、経年劣化により木綿糸が弱り切れてしまっています。

 

 

 

鍵盤・小口の変色。

木理によってアクリペットの材質を変えているため、白鍵でもお腹を向いている部分(小口)が黄ばんでしまっています。

たまにこれがひどく膨らんでしまい、ひっかかって鍵盤を押したら戻らなくなることもあります。

 

というわけで、これらの整備に…

のまえにピアノの内部もチェック!

 

パネルを外し、アクションや鍵盤もはずすと…

鍵盤の下から防虫剤となにやら謎のコインが。

 

おーっ、お宝を発見!

数えると 2,359円もある~!

着服しようかと思いましたが、ブログに載せた以上そういうわけにもいかないのでちゃんと返金することにいたします。

 

しかし 999円コインには恐れ入りました!   

 

 

バランスパンチングクロス。 鍵盤というシーソーの支点を支える部分になります。

ここ、気になりました。

虫食いがあって、ものによっては触るだけでぽろっとくずれたり、掃除機をかけただけで簡単に吸い込まれたりしたので、おもいきって全部交換します。

 

これはナラシ(整調の一工程)が大変だぞい!

 

さてさて、次回へと続きます。

 

 

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

 

      ピアノ調律スケルツォ ♪♪♪ 

         ホームページ   http://www.scherzo12.com/ 

  

          Add         〒277-0942 千葉県柏市高南台3-8 

          Tel          04-7157-4781

          Mail          mail@scherzo12.com

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■