Piano cafe "Scherzando"     ピアノカフェ・スケルツァンド

ピアノ調律スケルツォの喫茶店。 お茶しながら ピアノと音楽の会話でくつろぎませんか。

セミ・オーバーホール KAWAI US60  ②  柏市M様

さてさて、柏市M様のカワイ・US60の続きでございます。

 

まず、カワイのアップライトピアノ、US60につきまして

f:id:scherzo_piano_tuning:20220413110700j:plain

これは堅牢な作りの非常にいいモデルです。

 

ピアノの身長130㎝ というと、一番背の高い部類。

つまり低音弦がそれだけ長く張れ、音響版の面積も広くなるため音が豊かです。

 

 

また、独自の設計で譜面台が鍵盤蓋と別で独立しており、その設置位置がグランドピアノと同じ高さになっています。

自ずと姿勢よく弾くポジションとなり、これは演奏に好影響となります。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20220413103202j:plain

なにより堅牢な作りというのが一番でしょうか。

ピアノの張弦力は相当なものです。

概ね230本から成るピアノ線の張弦力の総計は20トン、つまり自家用車が1.4トンとすると14台の車がぶらさがっているのと同じ重量となります。

これを支えるのが支柱。

 

昨今、この支柱がないという信じられない構造のピアノもあるのですが、こうしてしっかり作られたピアノは決まって「重い」です。

 

唯一の難点、といっても運送屋さんだけがちょっと困るだけなんですが、他のピアノにくらべ重量がかさみます。

 

しかし、それも音の響きから言えば長所でもあり、調律・整調の作業のし甲斐があります。

 

さてさて、うんちくばっかりになってしまいました。

前回お話ししました ピアノ調律スケルツォの清掃 から開始でございます!

f:id:scherzo_piano_tuning:20220413111236j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220413111245j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220413111255j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220413111311j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220413111333j:plain

 

続く。

 

 

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

 

     ♪♪♪ ピアノ調律スケルツォ ♪♪♪ 

         ホームページ   http://www.scherzo12.com/ 

  

          Add         〒277-0942 千葉県柏市高南台3-8 

          Tel          04-7157-4781

          Mail          mail@scherzo12.com

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

             

 

 

たまには調律の風景を

いつもは地元・柏市をはじめ、松戸市我孫子市流山市やその周辺の市町村、

市川市浦安市あたりが多いかな、というかんじですが、都心に出向くことも多くございます。

 

ただ、コロナ過になってから23区内のホールなど施設の調律は減りましたが、そんな中、ひさびさに都心に調律に行ってまいりました。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20220413114712j:plain

調律に出かける割と直前まで、電車で行こうか、いつもどおり車で行こうか迷いましたが、あちこち行くので結局車で行きました。

 

ちょっと駐車料金が心配だったりして…。

 

 

この日は、中央区日本橋 → 板橋区大山 → 同じく板橋区成増というルート。

f:id:scherzo_piano_tuning:20220413120242j:plain

 

お昼過ぎのハッピーロード大山駅前商店街。

意外とでかいアーケード街です。

 

柏にもアーケード街があるけど、負けた。 

 (;´д`)トホホ…

 

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20220413115630j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220413115646j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220413115721j:plain

実は懐かしいお店・洋包丁さんがいまだ健在なことに感動。

20年ぶりくらいかなぁ。

しかも店頭にはわずかに行列が。 あいかわらず地元から愛されるお店です。

 

レストランで並ぶということをまずしない私ですが、このときばかりは順がくるまで並び、ゆっくり舌鼓を打ちました。 

 

昔ながらの洋食屋さん。

懐かしくて、美味しかったです。

 

そんなこんなで今日も一日しっかり調律の仕事をさせていただきました。

東京の中心街のビル最上階から、次は地下スタジオの調律という高低差の激しい一日でだったなぁ。

 

 

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■

 

     ♪♪♪ ピアノ調律スケルツォ ♪♪♪ 

       ホームページ           http://www.scherzo12.com/ 

  

         Add       〒277-0942 千葉県柏市高南台3-8 

         Tel        04-7157-4781

         Mail        mail@scherzo12.com

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■

 

    

 

 

 

 

 

セミ・オーバーホール KAWAI US60  ①  柏市M様

すっかり春めいてきました。

桜も散りこれから新緑の季節になりますね。

 

さて、この度は柏市M様からのご依頼で、東京都調布市の御実家からご新居への運送を兼ねて、ピアノのセミ・オーバーホールを承りました。

 

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20220413091952j:plain

KAWAI・US60 です。

あれ、これは昨年秋にも作業したモデルだ… と思いつつまずは状態の確認。

 

 

 

 

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20220413092012j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220413092245j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220413092255j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220413092224j:plain

経過年数相応ではあるものの、状態がすごくいいですね。

目立った傷もなく、磨き上げれば即売り物になる、そんな状態のピアノでした。

 

大事にお使いだったことでしょう。

ご依頼主:M様、というかM様の御両親でしょうか、ご購入当時のパンフレットも大事に保管されており、大事な資料をわざわざ写メでお送りくださいました。

 

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20220413092630j:plain

わぁ、分解していたらお宝がでてきました~。

楽譜もある! 

 

さぁ、分解と同時にお掃除開始です。

 

いつもの流れとしまして清掃からはじめるのですが、

 

 

ピアノ調律スケルツォの清掃とは (強調してみました!)

 

 外装に付着した汚れを雑巾で徹底的に拭きあげる

②  塗装面内側はカビなど雑菌が発生している場合があるため、エタノール等を含ませた雑巾で拭き、再度発生を防ぐ 

③ 本体や、外したアクション、鍵盤、各々を掃除機やエアガンを駆使して埃を除去する

④ 白鍵・黒鍵は表面・側面まで拭き汚れをしっかり取る

 

いくら慣れていてもばっちりやれば2時間はかかる作業で、次の磨き上げの下準備として非常に大切です。 付着してる汚れをしっかり落とさないと研磨機にかけたときに傷だらけになる恐れがあるからです。

 

段階を踏む作業は、手抜きをすると次作業で取り返すなどということは絶対できません。

 

これは愚直にやり続けてきたことなので殊更声を大にして言いたいのですが、ピアノはお客様の思い出の詰まった財産であり、また、内部まで綺麗にできるのは調律師だけです。

常に中も綺麗にして、カビ・錆・埃のない状態にしておけば寿命も当然長らえます。

ピアノを掃除せずしてなにが調律師か!、と私は世の調律師に問いたいのれす。

 

(③のエアーガンは現地・お客様宅では到底できない作業ではありますが、いつも掃除機は持参でお伺いしております)

 

と少々熱くなってしまいましたが、そんなこんなで作業開始でございます。

続きをどうぞお楽しみに!

 

 

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■

 

     ♪♪♪ ピアノ調律スケルツォ ♪♪♪ 

       ホームページ      http://www.scherzo12.com/ 

  

         Add         〒277-0942 千葉県柏市高南台3-8 

         Tel          04-7157-4781

         Mail          mail@scherzo12.com

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■

 

    

 

 

 

 

 

セミ・オーバーホール YAMAHA G3:一台目  ③      山武郡H様

さてさて、前回の続きです。

ボディの磨き入れを終え、アクションの整備とラストの整調・整音の作業になります。

 

ピアノ教室を開いていらっしゃいまして、鍵盤にドレミファソラシド…のシールが貼ってありました。

ごめんなさい、これは白鍵の上面研磨の関係上、剝がれてしまいます。

あと、ハンマーの弦溝になぜか墨のような跡が!

ファイリングでおとせるかなぁ。

 

とにかくまずは鍵盤をはずして、白鍵・黒鍵とも上面を研磨機で磨きます。

と、ここで新兵器投入!

私が入りびたるDIY店にて見つけた小型電動ドライバー!


(ง •̀_•́)ง‼

よくわからんメーカーではなく、なんとVESSEL製とな!!!

むろん衝動買いです!

こやつをどう使うかというと…

 

 

そう、バランスピン磨きです。

鍵盤の支点=「バランスピン」 を磨く。

 

地味ながら本当に大事な作業なのです。

なかなか電動工具も使えず、手磨きするほかないのですが、これまた時間のかかる作業で、それでも工房での作業ならいいのですが、出向いた先で、やりたくても時間の都合で泣く泣くあきらめる調律師さんって多いのではないでしょうか。

 

 

どうすればいいか長年考えていたところに、この小型ドライバーを見つけたというわけ。 大きい電動ドリルでもできるのですが、大き過ぎて扱いづらく、トルクも強すぎてなんかピンをまげてしまいそう、 というわけで手磨きするほかなかったのですが、これは期待ができるぜ!   と意気込んで使用してみました~!

 

…あまり期待には応えてくれませんでしたので、結局手で磨きました。

 

こういうときは心を無にするに限ります。

さてと、鍵盤ですが、白鍵の小口(お腹にむいている面)の汚れが気になりました。

汚れというよりシミ。 これがどう磨いても落ちないため、思い切って交換させていただきました。 あまりグランドピアノの小口交換はした記憶がないのですが、きれいに剥がれてくれたので良い出来栄えかとおもいます。

 

ダンパーも外して磨き上げ。

 

そんなこんなでアクションを仕上げて、整調・整音を仕上げました。

毎度ながらこの作業の写真がなくてごめんなさい。

次回のピアノでは載せますね!

 

 

 

 

 

 

 

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

 

     ♪♪♪ ピアノ調律スケルツォ ♪♪♪ 

         ホームページ   http://www.scherzo12.com/ 

  

          Add         〒277-0942 千葉県柏市高南台3-8 

          Tel          04-7157-4781

          Mail          mail@scherzo12.com

  

   ■■|■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■ |■■■|■■|■■■|■■|■

             

 

 

セミ・オーバーホール YAMAHA G3:一台目  ②      山武郡H様

いやはやすっかり3月も終わり…

毎度ながら更新が遅くすみません!

作業写真を探していた1月頃、珍しく雪が降りましたネ。

降り積もりつつある雪でちいさい雪だるまを作りました~。

翌々日あたり帰宅したときに撮った写真。

 

だるまおじさん、溶けずにがんばってました。

 

 

 

 

 

 

あともう一人。

こちらは溶けかけ、謎の笑みを浮かべておりました。

 

 

 

 

 

 さてさて、3月の現在の時点ではとっくに2台目に突入しているのですが、まずは1台目・G3E-2760095(1978年製)の作業報告の続きです。 開梱する前のグランドピアノの脚部の磨き入れを終え、組み立てた本体のクリーニングです。

さぁ、頑張りまっせー! と気合をいれつつ。

まず一台目作業の G3E-2760095(1978年製)、2~3か所大きな傷があり、また全体的(とくに屋根部)の擦り傷が目立ちます。

これは大変~。

 

一人で作業してるのでなかなか磨き上げ作業そのもののお写真がなくてごめんなさい。

けど、磨き上げしてる最中の研磨ホコリはハンパじゃないのです。

 

そしてグランドピアノ磨きでやっかいなのが譜面台。

当然ながら譜面置き場でつく傷も多く、とくに平置きする場所は磨き上げがこれまた大変。

ヒンジの真鍮パーツをはずし、すべて新品に取り替えます。

まだ -ネジを使っており、しかも固着しているので外すときに折れてしまうのでここは気を遣う作業です。

 

次回はアクション。

ピアノの心臓部の作業です!

セミ・オーバーホール YAMAHA G3:一台目  ①      山武郡H様

 年始第一段目の作業報告!

新しい邸宅の完成に合わせ、グランドピアノ・YAMAHA G3 の作業になります。

 

H様、大変おまたせしました!

H様はG3を2台ご所有です。

実のところ、秋ごろから作業を始めておりましたが、ブログにするのが遅くなってしまいましたが、本年より本格的に取り組んで作業報告をアップしていきます。

 

グランドピアノは運搬時に脚、ペダルを外し、本体と別にして運びます。

 

なのでピアノ調律スケルツォ(というか他の業者さんもそうだろうけど)は脚部品の研磨からはじめておりますが、この度は2台分の脚を磨きます。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20220105092014j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220105092009j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220105092031j:plain

 

、とその前に~…

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20220105092456j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220105092445j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220105092504j:plain

インシュレータ。

ピアノのキャスターを固定する土台です。

まずはこれをしっかり洗浄。 なんとまぁ洗い甲斐のあること。

御建て替え前のおうちの床の木片がべったり張り付いていました。

バケツに洗剤をいれてお湯にとき、しばらくつけておきます。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20220105092910j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220105092916j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220105092927j:plain
f:id:scherzo_piano_tuning:20220105092948j:plain

 

ペダルやキャスター、突き上げ棒といった真鍮・金属パーツを外し、各々を研磨・研磨・研磨! 粉塵飛び散る作業に完全防備で挑みます。

 

脚・ペダル部分の作業。これを集中して2台分おこなうと結構な時間となりました。

 

明けましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。

年賀をくださいましたお客様、お取引業者の皆様、誠にありがとうございます。

 

いただいた年賀状の中には、難関の音大合格のお知らせもあったりして、なんとも新年早々喜ばしいお知らせ。  

東京都H市のI様、おめでとうございます!春からは頑張ってねー! 

それとH王子市のよっちゃん、年賀状ありがとねー!

他、皆様も改めて御礼申し上げます。

 

さてさて年賀状といえば…

毎度のことながら年末ぎりぎりまで書いておりましたが、こういうものはテレビを見ながら書く、なんてことはほんとにしちゃだめですね~。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20220104182533j:plain

夕食を終え、食卓テーブルを片付けて「さぁ、書くぞ”!」と意気込みつつ、

音がないのもなんとなく寂しいのでテレビをつけると、ちょうどショパンコンクールの舞台裏、といった内容の番組がやっておりました。

 

 

今回の若き日本人ピアニストたちは本当に素晴らしい活躍で、筆をとる手も止まり、ついつい見入ってしまったら、気づけば

●「明けましておめでとうございました」 ●「旧年も大変お世話になっております」

トホホ、 やっちまった…  (;´Д⊂) 

 

まぁ、そんなこんなで何枚か無駄にしてしまいましたが無事に書き終え、無事正月を迎えることができました。

毎年、三が日のどこかで遠方へドライブをするのが恒例でしたが、今年は厄介なオミクロンもあることだし外出は一切なしにしました。

早く収束するといいですね。

 

とにかく健康に気をつけて、一層の精進をいたす所存にございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

       ピアノ調律スケルツォ (scherzo12.com)