読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Piano cafe "Scherzando"     ピアノカフェ・スケルツァンド

ピアノ調律スケルツォの喫茶店。 お茶しながら ピアノと音楽の会話でくつろぎませんか。

セミ・オーバーホール  YAMAHA・U1H ③  松戸市K様

f:id:scherzo_piano_tuning:20170427083021j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170427083037j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170427083058j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170427083116j:plain

セミ・オーバーホール  YAMAHA・U1H ②  松戸市K様

f:id:scherzo_piano_tuning:20170427082729j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170427082749j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170427082814j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170427082843j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170427082911j:plain

セミ・オーバーホール  YAMAHA・U1H ①  松戸市K様

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20170418215212j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170418215116j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170427082525j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170427082606j:plain

コンサートの準備

f:id:scherzo_piano_tuning:20170402224002j:plain  お世話になっている声楽の古家野知乃先生のコンサートが近づいてまいりました。

 

4/1(土) はその準備。

会場を借りてのリハーサルを行いました。

 

 

誰もいない観客席、

まばゆくライトが照らされるステージに、

歩む出演者の靴がコツコツと会場に響く。

ほのかに漂う緊張感。

わたしはこの感覚が好きでなりません。

これからはじまる… そんな期待感の中で仕事ができるというのも醍醐味です。

 

リハというのか

ゲネというのか、いまだによくわからんけど、

とにかく演奏してるあいだじゅう、いろいろな角度からステージからの歌声、ピアノの音を研ぎ澄ますようにして聴いていました。

 

歌い手と伴奏(ピアノ)の音のコントラスト。

前席、中席、後ろ席、右寄り、左寄り、

 前後左右の位置で相当ちがって聴こえます。

 

(※ 本番は観客によって音が吸われ、相当に音響は変わります。)

 

立ち位置や、ピアノの置き位置を、ほんの何センチか替えるとか、

何曲か演奏するうちにだんだんよくなってくるのです。

すこしずつ完成していく過程。

 

本番が楽しみです。

みなさん、がんばっていいコンサートにしましょうね!

 

 

 

 




 

広告を非表示にする

鍵盤(白鍵)の張り替え  ②

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20170330200220j:plain

アクリペットを貼り付ける。

この作業が神経を使います。


アクリペットを溶かしたアセトンを接着剤として使ってます。

 

 

 

アクリペットの接着面を溶かし、木材と接着させるのですが、うかつにも鍵盤表面(上面)に自作接着剤をほんの少しでもつけようものなら、まぁ修正はきかず、貼り直しです。

つまりそのパーツはパアというわけ。どれだけこの失敗に苦しめられたことか

(ノд-。)

また、貼り付けたあと、下手な治具のあて方をするとずれて固定されてしまい、とほほ… と嘆きながら再度アイロンをあててやり直すハメになります。

f:id:scherzo_piano_tuning:20170330203800j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170330203841j:plain

 

 

 

 

 

 

 

① 白鍵への蒸気あて

② はがし作業

③ アクリペットの裁断

④ 張りつけ

⑤ 固定

⑥ バリとり作業

 

これらの作業を、アイロンの蒸し具合や接着の度合いを見計らいながら同時進行で進める。

気を許す間もないのですが、余計なことを考えるヒマなく、

気づけば集中せざるをえない状況になるのです。

疲れますが、なかなか楽しいものです。

 

いっぽう、基本中の基本ではありますが、

次の工程をスムーズに行うには下準備である今の手作業をないがしろにしてはなりません。

 失敗して、次の工程で取り返すぞ! といくら意気込んでも無理なのです。

 

どれだけ丁寧に仕上げるか。

なんのことはない、

急がば回れ」なのでしょうか。

それを根底として、適切な工具で丁寧に仕上げる。

 

 いつしか作業に没頭し、写真を撮るもの忘れてしまいます。

なので投稿できなかったのはちょっと残念ですが、

まあ納得のいく仕上がりとなりました。

 余裕をもって、一日と半日のお時間を頂戴してましたが、

なんとか一日で作業を終えることが出来ました。

作業終了後、園長先生からねぎらいのお言葉とお茶をいただきました。

 ほっとするひとときでございました。

 

 

 

鍵盤(白鍵)の張り替え_①

御依頼をいただき、都内某幼稚園にて割れている白鍵の張替の作業にお伺いしました。

 出張でこういう作業をさせていただくというのは、ほんとに腕が鳴ります。

  写真をクリックして大きい画像でごらんくださいませ。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20170330195411j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20170330195510j:plain

 

 

 

 

 

 

 

実際にお伺いして見ると、ヒビではなく完全に割れています。

この白鍵を爪でなぞると、あきらかに歪な割れを感じます。

 これじゃぁ弾く保育士の先生方が気の毒です。

 

貼り付けた白鍵アクリペットが、木材の膨張による伸縮に追いつかず割れてしまったのでしょうか。

割れているのは、   ド、  ミ、  ファ、 シ  
と、L型の白鍵が多かったです。
きまって直角部分から亀裂がはいってました。

 

ちなみにピアノの鍵盤は88鍵。   ( 白鍵・52鍵  + 黒鍵・36鍵 )

 

その52の白鍵のうち、当初は28鍵ほど… ときいてましたが
よくみれば32鍵は割れてました。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20170330195816j:plain

水で絞った布巾をあて、アイロンで蒸してはがしていきます。

写真は熱でふやけた白鍵です。

 

はがすのはけっこう楽しい作業です。

こっやって一枚ではがせたらラッキー。

丁寧に木材を痛めないよう注意して、

また、はがすときに使う薄刃で木材をささくれだてぬよう気を使って作業します。

 

そしてここからが本領発揮なのです。

 

次回に続く

 

拍手してくれるお坊ちゃん

実家や御親戚からピアノを譲り受け、
お子様にピアノを習わせる、

そんな近い将来に備えての御依頼というのがちょこちょこあります。

 

先日お伺いした先がまさにそうしたお客様でした。

 

お家には、歩き始めたくらいの男の子がおり、

この子が私が調律をしている後ろで遊んでいたのですが、

調律で音を合わせ、それを確認するアルペジオを鳴らすたびに
なぜか「ぱちぱち」と拍手。

はじめはべつに気にもとめませんでしたが、
私の作業の一区切りにきまってタイミングよく拍手がなるのです。

これにはびっくりしました。

高音部など、2オクターブ確認を頻発するのですが、
その度、ちっちゃい手の拍手がうしろから聞こえる。

振り返れば、きょとんとした顔で拍手してる。

 

いやぁ~、これは。

可笑しいし、嬉しいし。


思い出すたびなにやらほっこりします。

流山市 S様 誠にありがとうございました。
あの拍手を励みにがんばります!