読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Piano cafe "Scherzando"     ピアノカフェ・スケルツァンド

ピアノ調律スケルツォの喫茶店。 お茶しながら ピアノと音楽の会話でくつろぎませんか。

セミ・オーバーホール  ヤマハ・U3H ②  東大和市T様  

錆落し・埃落し&外装磨き。

 

まず、ピアノをばらす前にざっと外装の磨き上げをします。

ざっとといってもそれなりに仕上げるつもりでやるのですが、

 

ピアノを横にすると、おどろくほど磨き残しがわかります。

なので、弦磨きの際に妻土台のあたりも再度バフがけします!

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923220430j:plain

 

 

 

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923225509j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↓ 外した上前パネル

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923221313j:plain

 

 

 

こうしてみるときれいに見えますが…

 

 

 

 

 

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923221358j:plain

 

 写真だとわかりづらいのですが、ちょいちょいと小傷が目立ちます。

中目 → 細目 → 縦バフに面バフ…

 

そうやって研磨していくと…

 

 

 

 

仕上がりは…

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923221515j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923221533j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいなピアノブラックの復活です。

写っているのは強盗ではなく、作業者(私)でございまーす。

 ボディや他のパーツもそうやって磨き上げていくのでございます!

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923222524j:plain

 

 

 

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923222552j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、一通り磨き終えて次のステップ。

鍵盤とアクションです。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923224514j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923224547j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ↑ 左は鍵盤小口を剝がした図。

右の写真、クリックして拡大するとわかりますが、鍵盤表面がゆず肌になるほどツメの傷跡があります。

こういうのをみると、よく練習なさったんだなぁ、などと想像します。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923225007j:plain

 

 

鍵盤の傷がけっこう深かいです。

これをバフグラインダーだけで磨きぬこうとすると波うったりしてしまいます。

 

なので下地づくり。

耐水ペーパーで一個ずつ研ぐことにしました。 

 

 

 

 そんなこんなで本日はここまで。

中途半端で作業を終えてしまったけど、張り替えた小口の削りおとしと上面研磨・側面の汚れ落しはまた次回。

焦るとロクなことがありません。

 

次回につづきます。

 

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923225926j:plain

f:id:scherzo_piano_tuning:20150923225951j:plain